DTMの経験談

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

DTMとは

皆さんは、DTMという言葉を聞かれたことがありますか?

DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、パソコンを使用して音楽を作成編集することの総称です。

「楽しそうだな」と感じる方もおられるでしょうし、「難しそうだな」と思われる方もおられるかもしれませんね。

両方とも「当たり」です!

DTMは、とても楽しいです。そして、とても難しいです。

コロナ禍による巣ごもりで、DTMをする人が増えているらしいです。

先日、NHKで特集されていましたが、高校生の二人組が作曲をしていました。

 

DTM体験談

私も、かつて、YAMAHAのXGworksという機材を使って、DTMで何曲か作ったことがあります。

その頃は、まだDTMは珍しかったです。

キーボードで弾いたメロディーをパソコンに取り込んで編集したり、直接パソコンに色んな楽器のメロディー等を打ちこんだり。

それを組み合わせて、楽曲が出来上がっていくことに、すごく感動し、面白かったです。

何か、自分が小室哲哉さんみたいになった気分でした。

しかし、作業には、時間がかかります。

慣れない操作でもあり、1曲作るのに、何週間もかかりました。

社会人なので、あまり時間が取れない中での作業だったので、自由時間は、全てそれに費やした感じでした。

その割には、なかなか思うような音楽が作れないのです。

DTMは、とても緻密な作業で、とにかく時間が必要です。

精神的にもキツイ作業ですし、センスも必要です。

私は、結局2、3年でやめてしまいました。

私の知り合いも、時間がかかるので、やめたと言っていました。

 

3  私がDTMを経験してよかった点

私はDTMをやめましたが、過去に作った曲は、自分の結婚式でのBGMに使用し、友人の結婚式でもピアノで弾かせてもらいました。

また、何よりも、一人で音楽を作ることの難しさを実感することができ、とても勉強になりました。

DTMには、ピアノの知識だけではなく、ブラスやストリングス、ドラムスの知識等がないと、難しいです。

これらの知識がないと、どうしてもぎこちない楽曲になってしまいます。

編曲には、編曲に関する知識や技能が必要です。

ピアノしか経験しなかった方にとって、すぐにDTMで楽曲を作るのは難しいでしょう。

しかし、これからの時代、ピアノ曲だったら別ですが、「自分が作った音楽を納品したい。世間に知ってもらいたい。」と思われる方にとっては、DTMができないと厳しいかもしれません。

 

今日は、DTMについてお話ししました。

皆さんの今後の音楽人生の参考になれば幸いです。

 


人気ブログランキング

ピアノをタダでもらう方法

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220413194045p:plain

「ピアノがほしい。」、「ピアノを買いたいけど、高いな。」と思っている方、ピアノをタダでもらえたら嬉しくありませんか?

私は、タダでピアノをいただくことができました。

いただけて、とても嬉しかったです。

今日は、ピアノをタダでいただいた方法を皆さんと共有したいと思います。

1 ピアノをタダでもらうには

ピアノをタダでもらう方法があります。

ただし、時間はかかります。

普段から、周りの人たちに、「ピアノがほしい。」と思っていることを伝えておくのです。

伝えることで、「確かあの人が、ピアノがほしいと言ってたな。」と、気にかけてもらえるようになります。

伝えないと、伝わりません。

世間には、「家にピアノがあるけど、もう弾く予定はないし、どうしよう。」と考えている人が、必ずいます。

中には、ピアノを処分することを考えている人もいます。

そのような方に、自分の思いが伝わると、タダでもらえる機会が来るかもしれないのです。

2 私の体験談

私が、ピアノをタダでもらうチャンスは2回ありました。

(1回目)
私の実家には、もともとアップライトピアノがあり、私と妹が弾いていました。

ある時、妹が音楽でお世話になっている方から、「よかったらピアノを譲るよ。」との話をいただきました。

ピアノが2台あれば、取り合いにならないので、ベストです。

しかし、マンションで、2台目を置くスペースがなかったため、断念しました。

倉庫を借りる案もありましたが、費用がかかるため、あきらめました。

その後、妹は結婚し、ピアノを持っていったため、家にピアノはなくなりました。

(2回目)
それから、私も結婚し、電子ピアノを購入しました。

本当は、電子ではないピアノがほしかったのですが、自宅がマンションであるため、大きな音が出せません。

また、防音設備を設置すると、部屋が一つつぶれるため、妻から猛反対をされました。

電子ピアノでさえ、邪魔者扱いです。

住宅事情もあり、私は電子ピアノで落ち着きました。

私は、妻に、「やっぱり、電子じゃないピアノを弾きたいなあ。」と日頃から言っていました。

そんなある日、妻の実家から、「ピアノがいらなくなったので、引き取らないか。」との話をいただいたのです。

もちろん、「ありがとうございます。」と、喜んで引き取らせてもらいました。

自宅マンションでは、大きな音が出せないため、私の実家に置くことにしました。

これで、私も弾きたいときに電子ではないピアノが弾ける環境が整ったのです。

3 まとめ

「ピアノが欲しい」と思っている方は、普段から周囲の人に、「自分はピアノが好きだ。」、「自分はピアノがほしいと思っている。」と伝えておくことをおすすめします。

確実にいただけるかは分かりませんが、日頃から、自分の思いを語っていると、どこからか幸運が舞い込んでくるものです。

ただし、あまりしつこく言うと、逆効果になるため、さっぱりと言うようにしましょうね。

それでは、幸運を祈っています(^^)

以上、これから結婚式で演奏する機会があれば、ぜひ参考にしてくださいね。


人気ブログランキング

結婚式でピアノ演奏を成功させる方法

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220406212939p:plain

皆さんは、身内や友人の結婚式でピアノを弾いたことがありますか?私はあります。
ピアノがある程度弾けると、嬉しいことに、「結婚式でピアノを弾いてくれないか」という話が舞い込んでくることがあります。私の場合、このような依頼が数回ありました。

ちなみに、私は、自分の結婚式でも、グランドピアノを用意してもらい、長渕剛さんの「乾杯」を弾き、会場の皆さんで歌ってもらいました。(私の友人も、この方法を気に入り、後に、自身の結婚式で、KANさんの「愛は勝つ」をピアノ演奏し、みんなで歌っていました。)

クラシックを弾くかポップスを弾くか

結婚式でピアノを弾く場合、クラシックかポップスに二分されます。どちらも、それぞれの良さがありますので、どんな結婚式かによって、弾き分ければいいと思います。

私の場合は、親戚の結婚式では、クラシックやスタンダード系にしました。たとえば、「アメイジンググレイス」、「星に願いを」、「カーロ・ミオ・ベン(イタリア歌曲)」です。妹が声楽をしているので、私の伴奏で妹が歌うことを何回かしました。

また、友人の結婚式では、一人でピアノを弾かせてもらいました。その時は、ポップスのメドレーを弾きました。「お嫁においで」「アンパンマンマーチ」「ミッキーマウスマーチ」「銀河鉄道999」「未来へ」「乾杯」をはじめ、オリジナル曲も交えながら、全8曲をメドレーで弾きました。もちろん、あまり長くなってはいけないので。サビの部分を中心にです。「ミッキーマウスマーチ」では、自然と手拍子が起こり、とても嬉しかったです。

このように、結婚式のようなおめでたい場では、「ミッキーマウスマーチ」のような楽しい曲を弾くと盛り上がるでしょう。手拍子が自然に起こるのは、とても気持ちがいいですよ。

みんなが知ってる曲が、みんなが聴きたい曲

みんなが知ってる曲が、みんなが聴きたい曲です。みんなは、知っている曲を聴きたいのです。プロの演奏家でも、まず、みんなが知っている曲から始め、心をつかみ、最後に新曲やオリジナル曲で締めくくるというのが定石です。
結婚式でも、広くみんなが知っている曲を中心に弾くといいですね。

ワンポイントアドバイス

響きのいい会場でピアノ伴奏をする時の注意点です。私の伴奏で、妹が会場を歩きながら歌い回ったことがあります。ところが、遠くに行くにつれ、声が遅れて聞こえるのです。いわゆる「ドップラー効果」です。それに合わせて、伴奏を遅らせて弾くと、テンポがおかしくなってしまいます。私も、ずれてしまいました。難しいところですが、リハーサルでよく確認し、本番ではいい演奏ができるといいですね。

以上、これから結婚式で演奏する機会があれば、ぜひ参考にしてくださいね。


人気ブログランキング

ピアノ演奏ボランティアを始める方法

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220403105056p:plain

今日は、私がボランティアを始めたきっかけについて、リクエストをいただきましたので、高齢者施設や児童施設などで、ピアノ演奏ボランティアを始める方法について紹介しますね。このように、皆さん知りたいことがありましたら、コメントをいただけると嬉しいですね。私でお答えできることは、答えていきたいと思います。

ピアノ演奏ボランティアを始める方法

ピアノ演奏のボランティアを始める方法としては、まず、直接施設に宣伝に回る方法があります。しかし、それは、宣伝に回る側も大変ですし、宣伝を受ける側にとっても、忙しい中、邪魔に思われるかもしれません。

最も、現実的なのは、地域の社会福祉協議会にある「ボランティアセンター」に登録する方法と思われます。そこでは、ボランティア活動をしたい人とボランティアの派遣を希望される方が登録されており、マッチングをしてくれます。

私も、なかなか自分のピアノ演奏を人に聴いてもらう機会がなく、そのような機会を探していました。自分の演奏によって、一人でも元気になってもらえたら、一人でも勇気づけられたら、そして社会に貢献できたらという思いをずっと持っていました。そして、そのような機会を得るためにはどうしたらいいか、いろいろと方法を探していたところ、「ボランティアセンター」に出会いました。

ボランティアセンターで登録

私は、早速、ボランティアセンターに登録しました。

登録方法などは、各地域の社会福祉協議会のホームページに書かれていますが、まずは、ボランティアセンターに電話や訪問するなどして、問い合わせてみるのがいいでしょう。

私の場合、登録してすぐ、ボランティアの依頼がありました。これが、私の最初のピアノ演奏ボランティアでした。

なお、ボランティアセンターの担当者の方からの助言で、単にピアノを演奏するだけではなく、みんなで歌えるようにしたら、喜ばれるとのことでした。それを聞き、私は、単にピアノを演奏するだけではなく、みんなで一緒に歌ったり、手拍子をしてもらったり、クイズを交えたりして、参加体験型の楽しい演奏会にするように心がけています。

また、ボランティアセンターの職員さんとのコミュニケーションも大切です。良好な関係を築いておくことも、活動するうえでは大切だと思います。

どれぐらい依頼があるか

私の場合は、比較的規模の小さな市に登録していますので、たまに依頼がある程度です。また、最近は、残念ながら、新型コロナウイルスの感染拡大により、依頼は滅多にありません。しかし、大きな市や、複数の市に登録していると、もう少し依頼があるのかもしれません。

先日、年度更新の手続きのため、ボランティアセンターの方と話したところ、コロナの影響で、音楽系のボランティアのニーズは少ないとのことでした。むしろ、手品や、アロマ、工作、紙芝居、腹話術などの依頼が中心のようです。音楽系のボランティアは、コロナが収束するまでは厳しいかもしれませんね。

このような中ですが、音楽を通じて人に喜んでいただきたい、社会に貢献したい、と考えておられる方は、ボランティアセンターへの登録を検討されてみてはいかがでしょうか。世界が広がるかもしれません。


人気ブログランキング

これ4冊で400曲の楽譜!

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220320165145j:plain

今日は、高齢者施設や児童施設などでの演奏の参考になる本を紹介します。

音楽療法の必須100曲

本のタイトルは、音楽療法の必須100曲」(あおぞら出版社)で、高齢者編、おとな編、子ども編、ノスタルジー編があります。

10年以上前の本ですが、私は、よくこれらの本を参考にさせてもらっています。

これらの本の特長は、多くの方々に馴染みのある曲がセレクトされている点。また、キーボードで弾くことを前提に、そんなに難しくないアレンジがされている点です。(上級者には、物足りないかもしれませんが。)

たとえば、高齢者編では、唱歌から高校3年生や三百六十五歩のマーチなどの歌謡曲まで、幅広く収録されており、おとな編では、昭和30年代から平成までの流行歌を中心に収録されています。SMAP夜空ノムコウなども入っていますよ。
子ども編には、ドラゴンボールの主題歌やスーパーマリオのテーマなど、いろんな場での演奏の参考になります。

参考資料として重宝

私は、耳コピをするときに、どうしても聴き取れないところは、この本を参考に確認しています。

一つ一つの楽譜を購入するのは大変ですし、費用もかかります。それが、この4冊で400曲です。参考資料として、とても重宝しています。

ちなみに、私の知っている高齢者施設にも、この本が置かれており、よく利用されているとのことでした。もし、このような本を探されている方がおられたら、参考にしていただけると幸いです。


人気ブログランキング

ピアノでYOASOBI「夜に駆ける」を弾く

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220319185006p:plain

今回は、今やトップアーティストとなられたYOASOBIの代表曲「夜に駆ける」についてお話しします。

 

YOASOBIの耳コピについて

私が、近年で最も斬新に感じたアーティストは、YOASOBIです。

特に、「夜に駆ける」は、歌詞とメロディーのマッチングが素晴らしいです。

皆さんもよくご存じだと思いますので、ここでは、その解説について語ることはしませんが、私は、もちろん、この曲を弾きたくなり、耳コピにチャレンジしました。

しかし、このようなスピード感のある曲の耳コピは、非常に難しい・・・。最初のイントロから、音程があちこち飛びますし。

上級者は、もちろん耳コピができると思いますが、残念ながら、私には、聴きとって再現することができませんでした。

 

耳コピが無理なときはネットで楽譜を買う

耳コピが無理なときは、潔く楽譜の購入です。結局、ヤマハの「ぷりんと楽譜」で楽譜を購入することにしました。

その楽譜を見て、弾いてみましたが、それでも難易度は高いですね。でも、ミスタッチだらけではあるものの、何とか最初のイントロから、1番とエンディングは弾けるようになりました。それをもとに、自分の弾きやすいようにアレンジして弾くのですがね。今は、楽譜を見ずに、適当にアレンジして弾いています。

 

「夜に駆ける」のピアノ動画について

「夜に駆ける」をピアノで演奏してる動画を見ると、原曲のようにスピーディーに弾かれているものもあれば、ピアノ曲としてゆったりとアレンジされてるケースもありますね。どちらにも良さがありますが、いずれにしても、このようなスピーディな曲をピアノで演奏するのは、非常に難しいです。

しかし、だからこそ、チャレンジのし甲斐はあると思います。弾けると、とてもかっこいいですよね。

皆さんも、よろしければ、チャレンジしてみてくださいね。


人気ブログランキング

ピアノ演奏ボランティア体験談(自治会の集まり編)

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

f:id:KHH:20220312095526p:plain

今回も、ピアノ演奏のボランティアの体験談をお話しします。

私は、これまで、介護施設自治会の集まり、精神障害者のサロン、放課後等デイサービスなどで演奏したことがあります。
今日は、自治会の集まりでの体験談をお話しましょう。

自治会(地域の集まり)での演奏について

今回は、地域のいきいきサロンという催しで、70代前後の方々が集まる社交の場でした。女性の方が、やや多かった気がします。いくつかあるプログラムの中の一つとして、私の演奏がありました。私の一つ前のプログラムは、軽く手足を動かす体操で、私も一緒に参加しました。その後、私の番に回ってきました。

今回の持ち時間は、15分でしたので、選曲は厳選しました。

曲目は、下記のとおりです。

明日があるさ、高校三年生、スーダラ節、おさななじみ、川の流れのように青い山脈、憧れのハワイ航路。

それぞれの曲を演奏するにあたっては、昔を振り返ってもらえるように、解説やエピソードを加えました。また、いくつかの曲は、歌詞カードを用意し、一緒に歌えるようにしました。

演奏してみて

スーダラ節の演奏の時には、陽気な女性の方が、「スイスイスーダララッタ」というサビの部分で、楽しそうに手を動かして踊られていて、こちらも楽しくなりました。

また、高校3年生は、皆で一緒に歌ったのですが、男性と女性のユニゾンが素晴らしく、合唱を聴いているような心地になり、身震いするほどでした。

あっという間に15分が経ち、終了しましたが、ある参加者からは、「もう終わりか。なんかあっけないなー。」と話され、短く感じられたんだな、楽しんでもらえたんだな、と嬉しかったです。

できるなら、皆さんで歌って楽しんでもらえるものについては、30分から45分ぐらいあった方がいいかなと思いますね。1時間だとちょっと長いかな、15分だとちょっと短いかなという感じです。

キーボードについて

あと今回の会場には、ピアノや電子ピアノがなかったため、用意していただいたキーボードで演奏しました。ただ、キーボードの種類にもよるのですが、今回のキーボードは、音の強弱がつけられなかったり、足のペダルがなく、音を伸ばしづらかったりしたので、簡単な演奏しかできないところが難点ですね。少し機能のよいキーボードや電子ピアノがあれば、演奏の幅が広がっていいですね。

ただ、演奏させていただける機会は、本当にありがたいものです。私は、次の機会のために、少し機能のよいキーボードを購入しました。

皆さんも、よろしければ、参考にしてくださいね。


人気ブログランキング