原曲のイメージを大切に

f:id:KHH:20211127093027p:plain

 耳コピの時はもちろん、楽譜を使用して弾くときもそうですが、最初のうちは、できるだけ原曲のイメージを大切に弾いた方がよいでしょう。

 そのほうが、弾きやすいですし、聴く側も、違和感なく受け入れられると思います。

 たとえば、しっとりとした曲なら、しっとりと。明るくノリのいい曲は、明るくテンポよく。逆に、激しい曲をしっとりと弾いたり、しっとりとした曲を激しく弾いたりすると、聴いている人は、違和感を感じるかもしれません。

 曲には、イメージがあります。そのイメージを崩さないように弾くのがポイントです。キーも、できるだけオリジナルキーで弾けるといいですね。常に、聴いてくれる人の期待を裏切らないよう、相手の立場に立って演奏しましょう。

 ピアノ初心者の人には、テンポも含め、原曲のイメージを大切に弾くことをお勧めします。上手に弾けるようになってきたら、色々とアレンジを加えて楽しんでみましょう。

 皆さんに喜んでもらえるような音楽を届けられるといいですね。