ピアノでポップスを弾く時に参考にしている演奏

f:id:KHH:20220129212704p:plain

ピアノでポップスを弾く時にとても参考になるのが、ピアニスト小原孝さんの演奏です。
長年、NHKFMの『弾き語りフォーユー』という番組を続けておられ、全国にファンがおられます。月曜日から木曜日、毎日20分。「音楽はいつもあなたにやさしい。」というセリフも素敵です。
すごいのは、リスナーからのリクエストから、クラシックはもちろん、歌謡曲やポップスなど、様々なジャンルの曲を選び、毎日数曲弾かれる点。また、オープニングからエンディングまで、トークを交えながら、20分間ノンストップの進行とのこと。
私なんか、毎日10分ぐらいしか弾いていないので、1曲完成させるのに、数週間かかってしまいます。それを、アレンジを含め、毎日本番で様々なジャンルの曲を数曲ずつ演奏されるのは、大変なことだと思います。これぞプロですね。毎日、相当練習されて本番を迎えられているのでしょう。
その演奏は、ストリートピアノを演奏されるユーチューバーのような、派手さはないかもしれませんが、とても聴き心地がよく、リラックスできます。私は、毎日、スマホ版「聞き逃し配信」を利用し、寝るときに聴いています。よく眠れますよ。