プロとアマの違い

人気ブログランキングに参加していますので、よろしければクリックをお願いします!


人気ブログランキング

こんにちは、玄大です。

今日は、プロとアマの違いについてお話しします。

 

1 合唱の経験について

私は、大学時代に合唱団に所属していました。

もちろん、アマチュアですが、小林研一郎さんや井上道義さんといった超大物指揮者によるオーケストラの演奏に、合唱で出させていただいたことがあります。

このような経験は、なかなかできるものではないため、とても貴重な経験をさせていただきました。

合唱のいいところは、4つのパートがピタッとハモったとき、身震いがするぐらい感動することです。

これは、実際にしてみないと分かりません。

しかも、うまくいけば、「倍音」といって、たとえばドの音のもう一つ高いドの音が聞こえるのです。

これでハーモニーの厚みが増します。

合唱の練習は厳しかったです。

当然ですが、4つのパートが一つでも揃わないと、音楽として成立しないのです。

どこか少しでも音程がズレると、その音楽は、聴いていて不快なものになってしまうのです。

なので、本番前は、みんなで必死になって練習していました。

 

2 プロの世界

プロの世界は、もっと厳しいです。

少しでも音程がズレると、容赦ないツッコミが入ります。

針の穴に糸を通すような音程が求められます。

私は、妹が声楽をしており、地元の新人演奏会に応募し、私はピアノの譜めくり役で、ピアノ伴奏の横につきました。

歌が始まって10秒も経たないうちに、審査員から、「はい、もう結構です。」と言われ、演奏を止めさせられました。

これもオーディションです。オーディションの世界は、厳しいです。

私が、プロのオーケストラの合唱で出させていただいた際にも、合唱の音程がイマイチだったので、合唱指導の先生が、指揮者に「どうなってるの!」と叱られていました。

歌う側の練習不足なのですが、指導の先生が、責任者として叱られるのです。

プロの世界の厳しさを感じた瞬間でもありました。

大学の合唱団は、プロではありません。それでも、一定レベルのものが求められます。

みんなそれぞれが、一生懸命練習していました。

 

3 見るのは楽しいが、するのは地獄

エンターテインメントは、「見るのは楽しいが、するのは地獄」だと、言われています。

プロの方々は、一見とても華やかそうで、楽しそうにされていますが、実際は相当努力されています。きわめて厳しい世界の中で、戦っておられます。

このようなことを知っていると、音楽など、エンタメの見方も変わってくると思います。

今日はプロとアマの違いについてお話ししました。

少しでも参考になれば幸いです。


人気ブログランキング